探偵事務所の選び方

失敗しない、探偵事務所の選び方の条件とは

探偵事務所の選び方を失敗すると、あとあと了承していないような高額な調査費用を要求されたり、
あるいはせっかく調査料金を支払ったのに、本当は調査はされず嘘の報告をされて終わりだったり。


離婚のための浮気の証拠のはずが、裁判の証拠としては無効の調査結果しか出されなかったり、
浮気を調査して証拠を掴むはずが、逆に調査を察知され浮気の調査は
失敗になることだってあります。

せっかくお金をかけて調査するのであれば、探偵事務所選びには失敗してほしくありません。


このページでは、失敗しない探偵事務所選びのポイントを紹介していきます。

phm23_0584-s-jpg.jpg


●ポイント1【"探偵業法"届け出の有無】
※探偵業法とは
探偵業法とは、探偵事務所が警視庁や都道府県の公安委員会に、
尾行や張り込みなどの探偵業務をすることを届け出するものです。

探偵事務所は、探偵業務を開始する時に届け出することで、証明書が発行されます。
これで、探偵事務所は初めて探偵業をすることが出来るんです。


ですが、探偵事務所は一度申請すればいいというわけではなく、
1年に1度抜き打ち検査として、業務が適正に行われているかの調査を受けることになります。

この抜き打ちの立ち入り検査では、報告の徴収などを公安委員会が行えるため、
結果としては実はこの1年に1度の調査によって、廃業になる探偵事務所がすごく多いんです。


それは、都道府県の公安委員会が探偵事務所に対して、立ち入り検査が出来るだけではなく、
探偵業務の営業停止命令や営業廃止命令までも行うことが出来るからなんです。

探偵事務所が業務を適正に行っていなかったり、守秘義務、不正な調査などを行っていないか、
公安委員会によってしっかりと取り締まられることになるんですね。

探偵業法について詳しくは、警視庁のHPでも見ることができます。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/tantei/tantei_com.htm

というわけで、この探偵業法を届け出ている探偵事務所を選ぶことが、1つめのポイントとなります。


探偵業法の届け出をしているかどうかは、その探偵事務所のHPのわかりやすい場所に
届け出番号などが記載されているので、すぐにわかると思います。


●ポイント2【協会・団体への加盟】
探偵事務所は、内閣総理大臣認可法人「全国調査業協同組合」などの協会や団体に
しっかりと加盟している探偵事務所を選ぶことが大切です。

例えばこの内閣総理大臣認可法人「全国調査業協同組合」は、
国内初の内閣総理大臣認可組織を受けた調査団体で、
もちろんこの原一探偵事務所も加盟しているので、安心ですよ。

※内閣総理大臣認可法人「全国調査業協同組合」
http://www.ncia-research.or.jp/index.html


●ポイント3【探偵事務所の所在地・代表者氏名の有無】
意外にも、所在地と代表者の氏名の記載がない探偵事務所は少なくないんです。

探偵事務所の所在地がないことを不審に思わない人も多いんですが、
実は探偵事務所の所在地を適当な住所を掲載しているだけで、
本当はそんな場所には事務所なんてないような探偵事務所や、
複数の名前で探偵事務所を営業している探偵事務所だと、怪しい探偵事務所を辿っていくと、
1つの住所でいろんな探偵事務所の所在地として使われていることもあります。


代表者名をしっかりと掲載していない探偵事務所は、もしも探偵事務所の不当な捜査によって
責任問題などに発展した場合、一体誰を追求すればいいんでしょう?

そういった問題を免れるためか、もしくは複数の探偵事務所を別の名前で営業しているような探偵業者だと、
それを隠すために代表者の氏名を公開しないということもあります。


この場合、その探偵事務所に電話をしてみると、「○○探偵事務所です」と
その探偵事務所の名前を名乗らないで電話に出たりすることがあります。

これは、その探偵事務所が複数の事務所を営業していて、受けた電話を転送して、
1つの事務所でまとめて受けているなど、そういった内部事情がある探偵事務所もあります。


探偵事務所を選ぶときには、探偵事務所の本社の所在地や支店などの住所が信頼出来るものか、
そして代表者の氏名がしっかりと公開されているかも、チェックするべきポイントになります。


私が、浮気調査でおすすめしている探偵事務所は、こちらです↓
「テレビでお馴染み、日本全国調査可能の【原一探偵事務所】」


●ポイント4【日本全国に支社・調査員が配置】
探偵事務所は、本社があればいいというだけでもありません。
考えてみてください。

探偵事務所が例えば東京にあったとして、調査対象の人が自分も住んでいる地域が東京だとしても、
調査対象の旦那や妻が出張や旅行だからと急に地方に行くこともありえます。

そんなとき、東京の探偵事務所の捜査員が、地方の交通機関の知識や
土地勘があるとは考えられませんよね。

その土地の知識や経験もないのに、そんなことで浮気の証拠を掴むことなんて出来るのでしょうか。

出張先や旅行先だって、恰好の浮気日和なわけですから、
どんな状況にも捜査員が対応出来るのかといったら、そうじゃないと思います。

探偵事務所は、本社があるだけではなく全国に多くの支店があり、
その土地に精通した捜査員を用意している探偵事務所を選ぶべきだと思います。

phm11_0038-s.jpg


●ポイント5【設定料金が適正か】
安すぎる料金設定を提示している探偵事務所は、依頼による調査をするのが、
実績・経験・知識のある自社社員ではなくアルバイトで成り立っているため、
低価格で依頼を受けている探偵事務所があります。

そのような場合、知識がない捜査員が調査した調査結果は、
裁判では無効になってしまったり、浮気の証拠としては不十分として扱われてしまい、
調査費用がすべて無駄になる可能性もあります。

どんなものが浮気の証拠として裁判でも認められるのか?については、
こちらのページへ↓
「裁判で有効になる「浮気(不貞行為)の証拠」は?メールは無効?」


浮気調査によって離婚までは望んでいない場合でも、
浮気の証拠をつかみ相手に見せたら、相手側が弁護士までたてて、
その弁護士に「これは証拠として有効ではない」などと言われてしまい、
自分が追求されてしまうケースだって考えられます。

しっかりとした探偵事務所の調査費用の料金設定は、どうしてもお安くはないし、
簡単には調査を依頼出来ないような金額かも知れませんが、
しっかりとした探偵事務所なら捜査は自社の社員で行い、浮気の現場を押さえるために
多くの捜査員を配置し、調査対象の人物が車で移動しようが電車で移動しようが、
あらゆる状況にも対応出来るようにしているからこそ、
調査にはそれなりの費用がかかるわけです。


安すぎる探偵事務所に依頼したからといって、先ほど記載したように裁判の証拠として
無効なものしか提出出来ない探偵事務所だったりした場合、
その調査費用は無駄になるどころか、また他の探偵事務所を探さなければいけないですよね。

安すぎる探偵事務所に惹かれるのもわかりますが、
しっかりと営業していない探偵事務所だと、守秘義務を守らず、
調査の依頼者である自分の情報や調査内容などを、
外部に漏らしてしまう危険性だってあります。


料金設定があまりにも安い探偵事務所に惑わされないで、
安すぎず高すぎない探偵事務所を選ぶことが大切です。

gum11_ph04013-s (1).jpg


●ポイント6【面談してから調査を開始するか】
一般的に、探偵事務所に電話で捜査を依頼しても、
その電話だけで調査の具体的な費用まで教え、捜査に踏み込んでくれる探偵事務所は、
絶対にやめたほうがいいです。

探偵調査というものは、実際に面談してかなり具体的な話もしていない段階で、
「調査費用は○○万円です」などと言える探偵事務所は、
あとあとになって「この調査を延長したのでプラス○万円かかりました」や、
「この○○の調査までしましたので、○○万円の代金も頂戴します」など、
はじめに聞いていなかった費用を請求してきたりする探偵事務所もあります。

その調査の依頼者と面談し、はじめてそこで何の調査にいくらかかるかや、
調査の必要性などを判断されるのが正しいです。


もちろん、電話相談の段階でだいたいこんな捜査ならおいくら程度と、
目安の金額は教えてくれるかもしれませんが、基本的に探偵調査は面談を行わないと
依頼を受けてはもらえないはずです。

逆に、依頼主である私たちが、「そちらの探偵事務所で面談をお願いしたい」などと言っても、
探偵事務所での面談を断られてしまったりと、自社での面談を嫌がる探偵事務所は、
まず信用性ゼロだと思っていいと思います。




失敗しない探偵事務所を選ぶポイントは、いかがでしたか?

探偵事務所の選びで失敗すると、実際は捜査していないのに捜査をしたと結果報告されて、
料金だけは請求されるケースなど、あとあと本当に痛い目を見てしまうと思います。


浮気調査は、自分で行うとそれなりのリスクも発生します。
どんなデメリットがあるのかについては、こちらのページへ↓
「浮気しているか、自分で調べたい人へ」


探偵事務所の正しい選び方で、全てのポイントをクリアしているのは、この探偵事務所です。
「テレビでお馴染み、日本全国調査可能の【原一探偵事務所】」


<<前の記事「テレビでお馴染み、日本全国調査可能の【原一探偵事務所】」へ
                      >>次の記事「浮気調査を、探偵事務所に依頼するメリット」へ


●関連記事
探偵事務所に、調査を依頼する時の注意点
探偵事務所に調査を依頼した場合の、料金・日数は?成果報酬制とは
弁護士はどこまで調べる?浮気で離婚、裁判まで







>>【嫁・旦那の浮気調査】探偵の選び方・離婚の慰謝料相場・復縁方法も解説 TOPへ戻る

信頼度の高い探偵事務所

 

探偵事務所の選び方

 

浮気調査の正しい知識

 

自分で浮気調査?

 

娘・孫のための浮気調査

 

「離婚」に関する知識

 

【離活】コラム

 

都道府県別オススメ探偵事務所

 

ソースを書いてアップ