浮気調査の正しい知識

旦那(嫁)の浮気を確信!あなたが絶対にやってはいけないこと

もし、このページ【車内編】浮気の兆候!「こんな行動ありませんか?」などによって、
貴方がパートナーの浮気を発見してしまったとします。


そのとき絶対にやってはいけない事、そして貴方がするべき事を解説していきます。
何をするか、何をしないかで、この先の貴方と貴方のパートナーとの関係性、
運命までもを左右してしまいます。

まだ浮気を発見していない人も、発見したときのために、よく覚えておいて欲しいことです。


●浮気を確信したときに、貴方が絶対にやってはいけない事

【パートナーを問い詰める】
浮気の事実を掴んだとしても「何をしてるの」、「どこのどんな女(男)なのか」、
「自分と離婚するつもりなのか」など、むやみにパートナーを問い詰めてしまうのは
絶対に避けてください。

私もパートナーに浮気をされた経験がありますので、その時の怒りに狂うような気持ちや、
精神的におかしくなるようなやりきれなさは、痛いほどわかります。

ですが、人はそのときの怒りの任せた言葉や行動によって、
少なからず後々後悔することになる可能性も捨てきれません。

どれほど腹立たしくても、どれほど「もう離婚だ」と思っても少しだけ待ってください。

人生のさまざまなタイミングや気持ちの変化によって、パートナーは浮気をしてしまったのも、
その時の衝動的な気持ちによるものかも知れません。

phm23_0255-s.jpg


浮気をされた私たちは、浮気をしてしまったパートナーを許すことも、罰を下すことも出来ます。
だからこそ、貴方自身が選んだ結果によってこの先後悔することにならないで欲しいんです。


"復縁"もしくは"離婚"を決断するまでには、貴方がパートナーの浮気の全容を把握し、
それから判断する必要があります。

ですが、浮気を確信した貴方と、浮気しているパートナーがいくら話し合いをしても、
真相をしっかり話してもらえるどころか、事態は悪化する一方ですよね。

それでは復縁だろうが離婚だろうが、何の解決にもなりません。


「浮気がバレたかも知れない」と思った貴方のパートナーは、貴方の今後の言動に逆上する可能性もあります。
挙句、「浮気なんかしていない」と上手い言い訳をつけて流されてしまうこともあるんです。

貴方の話の進め方によっては、「あの人と結婚しようと思っているから、私(俺)とは離婚してくれ」
なんてパートナーから言い渡されてしまうこともあります。


今後、貴方にとっても良い方向へと進めるためには、自分の力だけでなんとかしようと思わないで、
専門的な知識を持ったプロにお任せするのも1つの方法です。↓
「浮気調査を、探偵事務所に依頼するメリット」


※Point
浮気を確信し、感情的になり浮気を問い詰めたことで、
貴方のパートナーは今後浮気をやめるどころか、浮気がバレないように
努力していくだけです。

私の経験上からも、浮気を確信してメールなどの証拠を叩きつけて激怒したところで、
その場は謝罪されて反省した顔を見せるものの、それで本当に浮気をやめてくれたことは
一度もありません。

起きてしまったことはどうにもなりません。
できることは、あなた自身のためにどう行動するか、だと思います。

問い詰めるのではなく、より賢い解決策を相談してみるのも1つの手ですよ。
【原一探偵事務所】詳しくはこちら



●浮気を確信したときに、貴方が絶対にやるべき事

【貴方の要望を約束させる事】
たいてい、1つ浮気の証拠を見つけたくらいでは浮気の全容をしっかりと話さない人がほとんどです。
要望を約束させるのは、ある程度の証拠がそろっていて、
パートナーが浮気を全面的に認めていること。

でなければ、貴方に都合のいい約束なんかパートナーが応じてくれるはずがありませんから。

約束のさせ方によっては、浮気をしたパートナーが開き直って、
浮気の証拠が水の泡となり、パートナーは今後も浮気をし続ける可能性もあります。

それでも構わないという人は、これから貴方が何をして欲しいか、
どんなことをやめて欲しいかを一筆書かせてみてはいかがでしょう。

phm21_0143-s.jpg


【弁護士への相談】
法律のプロである弁護士なら、パートナーの浮気による貴方への慰謝料について
的確なアドバイスをくれることでしょう。

ですがそれは空くまでもアドバイスであって、いきなり弁護士の方に相談したところで
すぐに依頼を受けてくれるわけではありません。

離婚のための裁判をしたい人や慰謝料請求をしたい場合でも、まずは裁判でも有効となる証拠の提出が必要です。


裁判で有効になる証拠にはどんなものがあるかについては、
こちらのページ「裁判で有効になる「浮気(不貞行為)の証拠」は?メールは無効?」で詳しく解説していますが、
浮気相手とのメールやラブホテルのレシート程度のものは、浮気の証拠としては
法律的に見ると有効なものではありません。

裁判で有効になる証拠を素人である自分で全て収集するのは不可能ですよね。


ですから、いきなり弁護士に相談しても、
「探偵事務所に依頼をして、まずは証拠を集めてください」と、探偵事務所を紹介されるそうですよ。


【探偵事務所に依頼する】
探偵事務所は、弁護士さんから依頼人を紹介されるほどですので、
復縁でも離婚に関しても、浮気問題のプロといえます。


探偵事務所への浮気の調査の依頼や、復縁、離婚の相談は結構一般的で、
法律の知識をしっかりと持っている探偵事務所であれば、裁判で浮気の証拠として有効な証拠を
しっかりと集めてくれるそうです。

探偵事務所に浮気調査を依頼したからといって、
必ずしも離婚しなければいけないということでもなく、復縁の相談も多いみたいですよ。


phm11_0021-s.jpg

※Point
探偵事務所であれば、パートナーの浮気の全容も明らかとなり、
裁判でも有効な証拠を掴んでもらうことで、パートナーも言い逃れ出来なくなり、
逃げ場をなくす事が出来ます。

プロの知識もないのに自分で調査していて、証拠を掴みきる前に
パートナーにバレてしまっては元も子もないですし、そういったリスクを考えるなら、
ご自身でいろいと策を練るのはお勧めできません。

パートナーの浮気問題の、一番の解決の糸口が探偵事務所への依頼ではないでしょうか。
【原一探偵事務所】詳しくはこちら



<<前の記事「「これがダメ!」夫に浮気される妻、浮気されない妻の法則とは?」へ
         >>次の記事「裁判で有効になる「浮気(不貞行為)の証拠」は?メールは無効?」へ


●関連記事
どこからが浮気だと思いますか?
【車内編】浮気の兆候!「こんな行動ありませんか?」
浮気調査を、自分でやるデメリットとは







>>【嫁・旦那の浮気調査】探偵の選び方・離婚の慰謝料相場・復縁方法も解説 TOPへ戻る

信頼度の高い探偵事務所

 

探偵事務所の選び方

 

浮気調査の正しい知識

 

自分で浮気調査?

 

娘・孫のための浮気調査

 

「離婚」に関する知識

 

【離活】コラム

 

都道府県別オススメ探偵事務所

 

ソースを書いてアップ