自分で浮気調査?

浮気調査のために、夫・妻の居場所を調べる「GPS」

自分で浮気調査がしたい人のために、夫や妻などのパートナーの
居場所や行動追跡をするための、GPSについて解説します。


●GPSを使うメリット

自分で尾行や張り込みをすると、パートナーに気づかれてしまうだけではなく、
かなりの時間も体力も必要になります。

顔や車が知られている以上は、パートナーにバレてしまう危険性も高くなり、
たくさんの場所に移動されると面倒ですし、知識がなければ浮気の証拠の押さえ方さえわかりませんよね。

また、張り込み場所によっては不審者と勘違いされ、ご近所の方に警察に通報される事もよくあります。

phm23_0403-s.jpg


私が20代の頃に同棲していたパートナーの、浮気現場を友人と一緒に尾行していた時には、
浮気相手のアパートに入っていき浮気の現場を目の当たりにし、その場で泣き崩れてしまいました。

自分ではその場から動く事が出来ませんでしたが、
そのときは友人が一緒にいてくれたから良かったものの、バレないで尾行するのは本当に大変でしたし、
自分自身でパートナーの浮気現場を見るのは、本当に残酷でした。

GPSであれば、パートナーにバレないどころか、嫌な気持ちになりながら
パートナーを尾行する必要もないので、気持ち的にも楽だと思います。


また、せっかく尾行していてもバレないように距離をおいていて、
見失う可能性もないですし、パートナーに警戒されていればいるほど、
自分で尾行が成功する確率は低くなります。


GPSを使うメリットはそれだけではありません。

パートナーが「会社の社員旅行」、「会社の同僚と飲みに行く」、「仕事の出張だから」と言われても、
「なんか嘘っぽい」、「なんか怪しい」と思いながらずっとモヤモヤしていても、
気が気じゃないですよね。

それが、本当に嘘をついていないのか真実がわかれば、
そんな精神的に不安定な気持ちのまま耐える事がなくなります。

結果的にパートナーに何もやましい事ない事がわかれば、パートナーを信頼して
楽しい毎日を送る事ができ、浮気がわかればこの先の貴方の人生を無駄にしないで済みます。


探偵事務所に依頼するよりは、費用を押さえる事ができます。


※Point
しかし、浮気調査で大切なのは費用を抑えることではなく、
確実に浮気の証拠を確保することですよね。

GPSでの成功率も、経験や技術もない人が試したところで
メリットよりもデメリットの方が多いと思います。

「ただ、何としてでも証拠がほしい!」と思うのであれば、
GPSを使うのではなく、プロに依頼するのはどうでしょう。

昔ほど探偵事務所って敷居の高いものではないですし、無料で相談が
できる探偵事務所もあります。

テレビ局からも依頼があり、県庁のHPにまで紹介されている探偵事務所は↓
【原一探偵事務所】詳しくはこちら



●GPSを使うデメリット

GPSを使うデメリットにはどんな事があるでしょうか。

GPSを車の中に隠しておいたとしても、貴方が知らないうちに
洗車や車内の掃除をしていた時にパートナーにGPSを発見されて激怒されるどころか、
今後は貴方にバレないように更なる注意を払って浮気されてしまい、phm11_0818-s-jpg.jpg
浮気の証拠は手に入らなくなるでしょう。

それではGPSを購入したお金は完全に無駄になりますよね。


GPSは、探偵事務所に依頼する場合よりも安く済ませられるため、
購入する人がほとんどだと思いますが、最近の探偵事務所の調査料金
もかなりお手頃価格になっているので、バレてしまう危険性を
考えたら、安くてもGPSはやめた方がいいかも知れませんね。


さらに、GPSはどれほど有名で性能が良いものでも、雲が多い日、雨の日、
強風の日などの天候条件、都心部、ビル街、立体駐車場などの立地条件によっても、
精度がかなり左右されるという事が大きなデメリットだと思います。

これでは、浮気現場として一番心配されるような繁華街で、
精度が悪かったり誤差があっては、あてにならないですよね。

また当然ですがトンネル内、地下、田舎、山間部など電波がない・電波が悪い場所では、
GPSも作動することが出来ません。

GPSのデメリットは、作動問題だけではありません。


もし、GPSを購入したり個人で探偵事務所よりレンタルしたところで、
パートナーの浮気を都合よく発見出来るとは限りません。

たまたまパートナーと浮気相手の仕事の都合などにより、
GPSを使い始めた途端に浮気は一時休戦していたり、貴方や家族へ浮気がバレるのを
警戒している時期だったりと、パートナーと浮気相手とのタイミングにも左右されてしまいます。


GPSを購入してもレンタルの場合でも、数万円は絶対に必要になりますので、
お金をかけたとしても絶対に都合良く浮気を発見出来るわけではない事。

「高いお金を払ってGPSを買ったのに、パートナーが繁華街に入ったとたん、GPSが作動しなくなった。
一番知りたいのは繁華街に入ってからのルートなのに、これでは全く意味がない。」や、
「パートナーは本当はラブホテルで浮気しているのに、ビル街の誤差により
GPSはラブホテル横の飲食店のビルに入ったと記録している・・・」という事態を起こしかねません。

それでは、GPSにかかった費用は無駄になってしまいます。


こういったGPSのデメリットもよく理解した上で、GPSを利用してくださいね。


●お勧めGPSの商品比較

【ミツケV】シリーズ
・大きさ/携帯用76×43×(最薄部16・最厚部20.5mm)
・稼働時間/3日前後
・充電方法/ミニUSB(PC/家庭用コンセント)
・保証/6ケ月保証付き

携帯用小型サイズのGPSの中でも、知名度・評価がトップクラスのGPSです。

これまでのGPSとの大きな違いは、自分で位置情報を取得したり検索する必要がなく、
GPS本体が定期的にサーバーに位置情報を自動記録発信(リアルタイム型GPSロガー)してくれる事です。

なかなか忙しくてこまめにGPSを検索できなくても、自動で位置情報を取得したものが
サーバーに保存されているものを、時間が出来たときに見ればいいんです。


上でサイズなどの詳細を記載した携帯サイズはSSタイプで、
その他には車両用のLタイプ、LLタイプ、3Lタイプがあります。


【忍者2】シリーズ
・忍者2 1100/連続稼働時間40時間+a
・忍者2 2000/連続稼働時間70時間+a
・チビ忍者-Y/連続稼働時間12時間+a
etc

忍者シリーズ2の従来の忍者シリーズとの違いは、節電・振動センサー、自動ギア機能、簡単電源スイッチです。


※Point
いろいろとデメリットの多いGPS。

何より、GPSでどれだけ頑張ってパートナーの行動が把握できたり、
ラブホ街に出入りしているような行動が確認できたところで、
そんなことは法律的に見ると浮気の証拠としては"認められません"。

リスクをおかして自分で調査するよりは、相談は無料で尚且つ出張費も無料で相談できる、
今話題の探偵事務所に無料相談してみるのもオススメです↓
【原一探偵事務所】詳しくはこちら



<<前の記事「性行為(不貞行為)があったかどうか、自宅で検査できる「精液検査薬」チェックメイト」へ
         >>次の記事「自分で隠しカメラで盗撮(盗聴)して、浮気調査するのは"犯罪"なのか?」へ


●関連記事
スイカ・パスモなどの「電車ICカード」で浮気調査が可能
浮気調査を、自分でやるデメリットとは
結婚・婚約前に「手遅れ」にならないために!注意すること







>>【嫁・旦那の浮気調査】探偵の選び方・離婚の慰謝料相場・復縁方法も解説 TOPへ戻る

信頼度の高い探偵事務所

 

探偵事務所の選び方

 

浮気調査の正しい知識

 

自分で浮気調査?

 

娘・孫のための浮気調査

 

「離婚」に関する知識

 

【離活】コラム

 

都道府県別オススメ探偵事務所

 

ソースを書いてアップ