自分で浮気調査?

性行為(不貞行為)があったかどうか、自宅で検査できる「精液検査薬」チェックメイト

法律的に、パートナーが浮気をしていると認められるかのボーダーラインは、
"性行為(不貞行為)の有無です。

貴方のパートナーにGPSをつけて、パートナーがラブホテルに行った記録があったり、
浮気相手とのメールのやり取りや、キスしている写真があったとしても、
これらは不貞行為の証拠としては無効と判断される可能性が高いです。


不貞行為の有無が法律的に認められる証拠については、こちらのページ↓
「裁判で有効になる「浮気(不貞行為)の証拠」は?メールは無効?」で解説しています。


浮気調査を自分でやりたい人にお勧めの「精液検査薬」があります。


●性行為があったか自宅で判定出来る「精液検査薬」とは?

精液検査薬とは、少し前までアメリカの警察でも性犯罪の鑑定に利用されていたもので、
性行為の時に分泌されるカウパー線液(ガマン汁)など前立腺分泌液が検出出来るキットです。

男性は、性行為をした後にシャワーでしっかりと洗い流したとしても、
精液が性器から徐々に分泌されているため、それが下着に付着します。

「なんか今日怪しいな」と思った日に検査できなくても、
その下着を洗わない限り約1週間後まは鑑定が可能なんだそうです。


●精液検査薬の使い方

「怪しい」と思った日の下着を洗う前に、キットに付属している
1つめの液体を下着につけて濡らした後、その部分を吸取紙を押さえつけて水気を取り、
付属の粉と液体を混ぜ合わせたものを先程の吸取紙に垂らし、
その色が紫色に変化した場合には、性行為があった事が分かります。

だいたい検査は5分程度で、1つのキットで検査できるのは1回限りですが、
取扱説明書も日本語表記なので、誰でも簡単に出来ると思います。


金額はだいたい¥8.000から¥15.000前後で、ネットで購入する事ができます。


●自分で精液検査薬を使用する時に注意する事

まずはじめに、精液検査薬だけの事ではありませんが、
商品をネットで注文すると、注文した確認のメールが数通と、
ネットショッピングの購入履歴や閲覧履歴なども残りますよね。

精液検査薬を調べたり購入した形跡がネットやメールBOXに残ってしまっては、
元も子もありません。

また、当然ながらネットで注文すれば自宅に配送されますので、
パートナーが自宅にいる時に配達が来たら最悪です。


パートナーが不在の時に配達がされればいいですが、その場合にも届いた精液検査薬の保管場所や、
検査使用後にバレないように破棄の仕方を工夫したりと、
とにかく精液検査薬の痕跡を1つも残さないように細心の注意が必要になります。

普通に生活していて、ここまで徹底して用心するのは、かなり難しいですよね。


●「精液検査薬のデメリット」結果によって注意する事

精液検査薬を使用して、性行為があったと判定が出た場合
精液検査薬を使用して、もし性行為があったと紫色に判定が出た場合でも、
法律的に見てそれが直接的な不貞行為の証拠にはなりません。

つまりこの検査薬で性行為があった事がわかったところで、浮気の証拠としては認められないという事です。

法律でも不貞行為の証拠として認められるものについては、こちらのページ↓
「裁判で有効になる「浮気(不貞行為)の証拠」は?メールは無効?」へ。

あくまでも、性行為があったかどうかを知るだけの判断材料にしか
ならない事を頭に置いておいてください。


精液検査薬を使用して、性行為がなかったと判定が出た場合
精液検査薬を使用して、もしその時に性行為がなかったと判定が出たとします。

ですがそんなたった1回の検査で、何がわかるというのでしょうか。

パートナーが実際は浮気をしていたとしても、検査をした時には
たまたま浮気がなかっただけの可能性もありますよね。

その1回で性行為の判定が出なかったとしても、それが「パートナーは浮気をしていない」と
確実に言い切れるものではありませんよね。

精液検査薬の結果だけを鵜呑みにするのはやめましょう。


※Point
私個人の考えとしては、この精液検査薬の調査に約1万円も払うのであれば、
お金がかかっても探偵事務所に調査を依頼した方がいいと思いますよ。

疑われていることを相手が知れば、今後もっともっと浮気がばれないように
試行錯誤されてしまいますし、浮気が貴方にバレそうだからといって、
浮気をやめてもらえるわけでもありません。

1万円ものお金をかけるより、テレビ局や弁護士からも依頼があるほど
知名度の高い探偵事務所が無料相談を行っていますので、おすすめです。
【原一探偵事務所】詳しくはこちら



<<前の記事「裁判で有効になる「浮気(不貞行為)の証拠」は?メールは無効?」へ
                    >>次の記事「浮気調査のために、夫・妻の居場所を調べる「GPS」」へ


●関連記事
自分で隠しカメラで盗撮(盗聴)して、浮気調査するのは"犯罪"なのか?
スイカ・パスモなどの「電車ICカード」で浮気調査が可能
浮気調査を、自分でやるデメリットとは







>>【嫁・旦那の浮気調査】探偵の選び方・離婚の慰謝料相場・復縁方法も解説 TOPへ戻る

信頼度の高い探偵事務所

 

探偵事務所の選び方

 

浮気調査の正しい知識

 

自分で浮気調査?

 

娘・孫のための浮気調査

 

「離婚」に関する知識

 

【離活】コラム

 

都道府県別オススメ探偵事務所

 

ソースを書いてアップ