「離婚」に関する知識

【離婚の種類】調停離婚、協議離婚、裁判離婚とは?

ただ単に離婚といっても、離婚には種類があります。

離婚の種類としては、「協議離婚」、「調停離婚」、「裁判離婚」の3種類があります。
ではこの3つの離婚の種類について、それぞれ解説していきます。


離婚の種類(1)【協議離婚】

夫婦が、話し合いによって離婚の条件を決定し、お互いに納得できた場合の離婚方法で、
離婚届を役所に提出するだけで一番早く離婚できる方法です。

ほとんどの夫婦がこの協議離婚で離婚をしています。

●協議離婚のメリット↓
協議離婚のメリットとしては、時間がかからないため、やはりスピード離婚が可能なことです。


●協議離婚のデメリット↓
逆に協議離婚のデメリットとしては、お互いが感情的になったりして
納得できない場合には、話し合いが進まず、こじれてしまうケースもあるという事です。

また、相手を信頼していたり、忘れていたりして「公正証書」を作成しなかったせいで、
離婚した後で相手が音信不通になってしまったり、具体的なお金の取り決めが
出来なくなってしまう危険性もあります。

いくら円満に離婚できそうだとしても、お金のことは大切なことですので、
公正証書をしっかりと作成してから離婚するようにしましょう。

この公正証書など、協議離婚の際には慰謝料や養育費、財産分与などお金に関することだけではなく、
子供がいる場合には親権なども決めておく必要があります。

phm21_0160-s.jpg


離婚の種類(2)【調停離婚】

調停離婚とは、夫婦の間で話し合いによる離婚(協議離婚)が成立しない場合に、
意義のある方が家庭裁判所に離婚調停を申し立て、納得できない部分を調停員が調整していくことになります。

これにより、双方が離婚条件に合意が出来てから、離婚が成立します。

●調停離婚のメリット
協議離婚とは違い夫婦間で話し合う必要がないので、お互い顔を合わせることなく離婚が出来ること。

調停離婚の費用も数千円とかなり低価格で行えるため、負担も少なく、
調停員が双方が納得できるように離婚を進めてくれ、相手が話し合いに応じず
協議離婚が成立しなかった場合でも、調停離婚は強制力がある事も安心につながります。

一度申し立てした調停離婚ですが、その後取り下げて協議離婚に変更することもできます。


●調停離婚のデメリット
調停を開始してから終了までに、1ヶ月に1回の調停のペースで最低でも3ヶ月以上、
長いと1年ほど期間がかかるケースもあるので、離婚を急いでいる人には
向いていない離婚の種類かもしれません。

また、調停離婚を申し立てたとしても、調停離婚でもお互いが離婚条件を納得できないままの場合には、
離婚が成立しないケースもあります。

phm15_0565-s.jpg


離婚の種類(3)【裁判離婚】

調停離婚で夫婦どちらもが納得できず、離婚が成立しなかった場合に、
裁判によって離婚条件を決定することになります。

もちろん、裁判にするかしないかは自由なんですが、裁判で決着をつけるしか、
納得できる離婚条件は得る事はできないでしょう。

●裁判離婚のメリット
弁護士に依頼することもできるので、不成立にはならず必ず決着をつけることができます。

裁判離婚の途中段階で、話し合いによる和解離婚も可能で、なおかつ裁判には強制力があります。


●裁判離婚のデメリット
ほとんどのケースが弁護士に依頼するため、費用がかなり高額になることと、期間も必要になります。

精神的な負担も大きくなり、判決が出るまでかなり長い時間がかかったものの、
自分が望んでいるような判決が出されるかどうかなどは、誰にもわからないということ。

phm11_0040-s (1).jpg


裁判離婚でのポイント

協議離婚や調停離婚の場合には必要なかったんですが、裁判離婚の場合には離婚の原因が不貞行為であるなら
不貞行為の証拠を提出することになります。

不貞行為とは何か、また不貞行為の証拠として裁判で有効なものについては、
こちらのページ「裁判で有効になる「浮気(不貞行為)の証拠」は?メールは無効?」を参考にしてください。

この裁判離婚となった場合に、探偵事務所に依頼しておいた浮気の証拠が、かなり重要になります。

phm23_0917-s-jpg.jpg


離婚の種類には、それぞれにメリットとデメリットがある事がわかってもらえましたか?

どんな離婚の方法が向いているかは、その夫婦によっても違いますし、
自分が提示した離婚条件に相手が納得しない場合など、夫婦双方がちゃんと納得した上で離婚を成立させるのは、
本当に難しい事だと思います。

ですが、後々トラブルになったり後悔しないためにも、とにかく早く離婚したいからといって
むやみに離婚を急がず、慎重に進めていくことが大切です。


また、パートナーの浮気が原因の離婚でも、パートナーとの話し合いが円滑に進みそうなため、
「うちは裁判なんてしなくても、協議離婚で済みそうだから、浮気の証拠まではいいわ」と思っていても、
慰謝料や財産分与の話し合いで後々揉めてしまい、結局は裁判離婚までなってしまい、
結局浮気の証拠が必要だったなどと後で後悔するケースもあると思います。


どうしてもお金の事となると折り合いがつかない夫婦が多いです。

自分は予期していなくても、話の流れ方によっては裁判離婚にまで発展する可能性は、
十分にあると思います。


不貞行為の証拠は、持っておくに越した事はないので、今から計画的な準備が必要です。


<<前の記事「【母子・父子家庭】受けられる扶養手当てや生活保護、助成金」へ
                    >>次の記事「離婚したい人、復縁したい人に考えてほしい事。」へ


●関連記事
【重要】離婚する前に必読!医療保険、生命保険、健康保険について
【子供の事】離婚後の養育費がもらえないケース、もらえる金額は?
離婚したい人、復縁したい人に考えてほしい事。







>>【嫁・旦那の浮気調査】探偵の選び方・離婚の慰謝料相場・復縁方法も解説 TOPへ戻る

信頼度の高い探偵事務所

 

探偵事務所の選び方

 

浮気調査の正しい知識

 

自分で浮気調査?

 

娘・孫のための浮気調査

 

「離婚」に関する知識

 

【離活】コラム

 

都道府県別オススメ探偵事務所

 

ソースを書いてアップ